知識・情報

避難生活経験者がおすすめする便利な防災グッズまとめ|最低限だけでいいと思ってませんか?

『防災グッズ』の準備はもう済んでいますか?

「東海地震(南海トラフ地震)」”いつ起こってもおかしく無い”と言われています。

地震が起こっていない今しか備えることはできません。今のうちに必要な防災グッズを準備しておきましょう。

ただ、防災グッズと言ってもその種類は数多くあるので、

どれを用意したら良いか分からないから、最低限だけでいいや

と思っている人も多いでしょう。

ですが! 最低限の防災グッズとは「生きることだけ」を重視しているので、「快適な生活」が送れるわけではありません。

せっかく便利な商品がある文明社会に生きているんです。快適な生活が送れるように便利な防災グッズも検討してみてはいかがでしょうか?

と言うことで、震度7の大地震で実際に避難生活を経験した私が、「これがあると便利だな~!」と思った『避難生活が快適になる防災グッズ』を紹介していきます。

ともちか
ともちか
また、それとは別に「これだけは必要!」という”必要最低限の防災グッズ”の紹介は↓の記事で行っていますので、合わせて確認することをおすすめします。
『防災グッズ』地震対策で本当に必要なものはこれ!|震度7地震で避難生活を経験した筆者が紹介!日本は言わずと知れた地震大国です。あなたの家庭では『防災グッズ』や『非常用持ち出し袋』は用意できていますか? と、いざ用意...
ともちか
ともちか
震度7の大地震で避難生活を送った話はこちらから↓
新潟県中越地震の体験談・避難生活の詳細|当時小学2年生の私が感じたこと『新潟県中越地震』 みなさんは覚えていますか? 私はほぼ震央にいたので、直撃してしまいました。 当時小学2年生(たぶん...

快適な生活を送るための防災グッズ

まず、災害が起こったら地域で指定されている避難場所へ向かうことになるかと思います。

そして当たり前ですが、他の人も最寄りの避難所へ向かいますので、ほぼ確実に集団生活を送ることになります。

避難生活=集団生活

食料や飲料水は避難所に備蓄してあると思うので、何も準備していなくても避難所にさえたどり着ければ、とりあえず「生き延びる」ことは可能でしょう。

しかし、災害が起きて心に余裕がない状態で、さらに知らない人との集団生活精神的なストレスが結構大きいです。

そんな大変な時に、無駄にストレスを感じたくないですよね?

ということで、ストレスの大きい避難生活を、快適に過ごす為の防災グッズを紹介していきたいと思います!

ドライシャンプー

始めに紹介するアイテムはこちら『ドライシャンプー』です。名前の通り水なしで使えるシャンプーです。

避難生活では基本お風呂に入れません。もちろんシャワーも無理です。

頭や体がベタベタしてきても放置するしかないので、何も用意していないと常にベタベタのまま過ごすことになります。

ただでさえ集団生活をしているのにそんなの嫌ですよね?

また、『頭を洗うこと』って気分をスッキリさせてくれます。

ともちか
ともちか
さらに、良い香りでリラックス効果も期待できますよ!

臭いやベタつきを抑えるだけではなく、心の健康を保つことにも繋がるので『ドライシャンプー』はおすすめです。

市販されているものにはスプレー、ジェル、シート、パウダーなどいろいろな種類があったり、オーガニックなど成分に気を使っているものもあったり、好みに合わせて選べるのもポイントですね。

それから、災害時でなく日常生活でも使えるタイミングは多いので『持っていて損しない』という点もおすすめポイントです。

ともちか
ともちか
『体を清潔に保つこと』は快適な生活を送る為には欠かせませんね!
『ドライシャンプー』評価まとめ
  1. 体を清潔に保てる・ニオイケアができる
  2. 香りなどによりリラックス効果が期待できる
  3. 日常生活でも使えるタイミングがあり、持っていて損しない

オススメ度・・・

汗ふきシート

そして体を清潔に保つ為には『汗ふきシート』もあると、さらに快適です。

集団生活だと特に「臭い」が気になってきますから、ニオイのケアが「できる」「できない」かだけで快適さが変わってきます。

タオルを濡らして体を拭くことも出来ますが、何より水が貴重ですし、冬だと寒すぎて体調を崩しかねません。

ですから『汗ふきシート』が一番おすすめです。

こちらも災害時だけではなく、日常生活でも使えるので『用意しておいても損しない』と言う点がポイントです。

『汗ふきシート』評価まとめ
  1. 体を清潔に保てる・ニオイケアができる
  2. 日常でも使うので用意しても無駄にならない

オススメ度・・・

スマホの充電器

次に紹介する物は誰もが持っているであろう『スマホの充電器』です。

現代ではスマホがあれば大抵のことはできますよね。

災害時でもそれは同じで「情報収集」「SOS」、「家族との連絡」など、スマホが使えるだけで大抵のことは処理できます。

災害が起きたら電気の供給もストップしてしまうので、電池などで動く『携帯型の充電器』を用意しておきましょう。

電池は他のグッズに流用できたりするので、電池で動く物がおすすめです。

ともちか
ともちか
用意するときは電池も忘れずに!
『スマホの充電器』評価まとめ
  1. 災害時でもスマホが使えると様々なことを簡単に処理できる
  2. 電池式だと電池を流用できるので使い勝手が良い

オススメ度・・・

ハンドジェル

次にご紹介するものは『ハンドジェル』です。

そもそも「ハンドジェル」って知ってますか? なんとなく耳にしたことがある程度の人も多いと思いますので説明から。

  • ハンドジェル
    水が使えない外出時などに、水なしで手を消毒することができる

つまり、水が使えないときの「手洗い代わり」ですね。

災害時は生活リズムや食生活の乱れ、ストレスなどから免疫力が低下しがちです。さらに、水が貴重なので、手洗いなどを行いづらく衛生面がおろそかになりやすいです。

ですから、水要らずで消毒できる『ハンドジェル』がおすすめです。

『ハンドジェル』評価まとめ
  1. 貴重な水を使わずに手を消毒できて、衛生的に過ごせる
  2. 災害時以外にもキャンプなど外出時に使えるので、持っていても損しない

オススメ度・・・

マスク

そして衛生面でもう1つ紹介したいものがあります。『マスク』です。

先ほども言いましたが、災害時では体調を崩しやすくなりますし、避難生活では他の人達と過ごすことになりますので、菌をもらいやすいです。

そのためマスクを着用して風邪を予防することが大切です。

さらに、集団生活をしている以上、他人のニオイも気になってきます。

ともちか
ともちか
災害時なので仕方のないことです。ニオイケアをする余裕がない人の方が多いでしょうからね。

ただ、仕方のないことと分かっていてもニオイってどうしても気になりますよね?

そんな時に、マスクがあるだけで『ニオイ予防』『風邪予防』ができるので、用意しておくことをおすすめします。

『マスク』評価まとめ
  1. 手軽に『ニオイ予防』と『風邪予防』ができる
  2. 消費期限などはないので入れ替える必要がない
  3. 値段も安く用意しやすい

オススメ度・・・

使い捨てカイロ

次に紹介するものは『使い捨てカイロ』です。

季節が冬などの寒い時期に災害が起こった場合、暖をとるために使います。

毛布などでも暖はとれますが、持ち運びが難しいので『ホッカイロ』がおすすめです!

ともちか
ともちか
冬だと必須級ですよ!
『使い捨てカイロ』評価まとめ
  1. 手軽に暖をとれる
  2. 毛布よりもかさばらない
  3. 日常でも使うので用意しても無駄にならない

オススメ度・・・

耳栓・アイマスク

お次に紹介するものが『耳栓&アイマスク』です。

集団生活なので仕方ないことですが、寝ようと思ってもうるさかったり、明るかったりして眠れません。

ですが、耳栓とアイマスクがあれば自分のタイミングで睡眠を取ることができます。

タオルなどでも代用できますが、遮光性がないと効果が薄いので、それ用に作られているアイマスクがおすすめです!

ともちか
ともちか
「いらないかな」と思っていても、実際に避難生活をしていたら絶対に欲しくなるアイテムNo.1。絶対あって良かったと思いますよ!

耳栓やアイマスクは普段の生活で使ったりはしませんが、旅行やキャンプなど、慣れない場所で泊まる時にも活用できますので、一式持っておくと何かと便利ですよ!

『耳栓&アイマスク』評価まとめ
  1. 自分のタイミングで睡眠を取ることができる
  2. 災害時以外にも、一式持っていれば何かと便利

オススメ度・・・

赤ちゃんをあやすための道具

最後に紹介するものは『赤ちゃんをあやす為のおもちゃ』です。

集団生活をしている以上、いろんな人と接することになります。

その中には赤ちゃんが泣くだけで、怒る人もでてくる場合があります。

そんな無用なトラブルをなるべく避ける為にも、赤ちゃんの過ごしやすい環境の為にも『あやす為の道具』はおすすめです。

おもちゃでなくても、あげると喜ぶもの泣き止むもの好きなものを用意しておくと良いでしょう。

『赤ちゃんをあやすための道具』評価まとめ
  1. 赤ちゃんが楽しく健康に過ごせる
  2. 無用なトラブルを回避できる

オススメ度・・・

さいごに:他の地震対策も忘れずに!

これで紹介は終わりになります。

オススメ度については『手軽さ』『効果の大きさ』を個人的に考えて設定しました。

状況によっては全く役に立たない場合ももちろんあると思います。

ただ、個人的な経験からこれらを用意しておくと、「辛い避難生活を、快適に過ごすことが可能になる」と思っていますので、ぜひ検討してみてください!

また、他にも「家具の固定」「避難場所の確認」も忘れずに行いましょう。

防災グッズはバッチリ準備できても、どこに避難すれば良いのか分からなかったら、元も子もありませんからね。

先ほども紹介しましたが、こちらの記事で『最低限の防災グッズの紹介』と、他にも『家具の固定、避難場所の確認』について少し話してますので、良かったら確認してみてください!

『防災グッズ』地震対策で本当に必要なものはこれ!|震度7地震で避難生活を経験した筆者が紹介!日本は言わずと知れた地震大国です。あなたの家庭では『防災グッズ』や『非常用持ち出し袋』は用意できていますか? と、いざ用意...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA