私はこう思う!

「いじめられる方にも原因がある」|それはイジメをしても良い理由になるのか?

”いじめられる側にも原因がある”

こんな言葉、きいたことありますよね。

納得しますか? 納得できませんか?

私の考え、聞いていってくれませんか? 

ななちか
ななちか
この記事では「『いじめられる側にも問題がある』という言葉」について話していきます。
くまくん
くまくん
ゆっくりしていって~!

いじめる側が100%悪い

小学校、中学校、高校、大学、そして社会にでても、

「イジメ」は起きています。

この問題についてまず言いたいことは「いじめる側が100%悪い」ということです。

いじめられる側は被害者です。

どんな言葉を言われても気にしてはいけません。

悪いことをやっている訳ではないのですから、自分を責める必要はありません。

ななちか
ななちか
いじめられる方が「悪い」か「悪くない」かで言えば、もちろん悪くありません。
くまくん
くまくん
いじめはダメだよ!

いじめられる側にも原因はある

ですが、いじめられる側にも何かしらの原因があるのでしょう。

「いじめる側」から見た時、何か気に入らないところがあったのかもしれません。

例えば、「コミュニケーションが下手でイライラした」、「オドオドしていてウザかった」、「言うことを聞かずにムカついた」などが原因になり、イジメが起きてしまったのかもしれません。

ですが、だからといって、

そんなことが”いじめをして良い理由”にはなりません。

世界にはたくさんの人間がいますから、自分と「合わない人」は必ずいます。

自分と「気が合わない人」との付き合い方は人それぞれですが、

”気が合わないからいじめる”という選択は、相手の気持ちを全く考えていない最低な行いです。

イジメをして良い理由なんてない

”イジメをして良い理由”なんてものはありません。

相手に「原因」があったとしてもです。

例えば、相手のちょっとした行動が原因でイライラしたとき、殴りたいからといって”殴って良い理由”を作れば、その行為を正当化できるのでしょうか?

誰かを殴れば警察のお世話になってしまいます。

イジメをしても警察のお世話にはならないですが、殴ることと同様の「人を傷つける行為」です。

イジメは人を傷つける行為です。いじめて良い理由なんてものは存在しません。

いじめたいからといって、”いじめて良い理由”を作り出して、イジメを正当化してはいけません。

見て見ぬふり

前々からイジメが無くなるように対策などはされていますが、まだまだ被害は起きています。

最近では肉体的に傷を与えるものより、メッセージの無視やSNSでの悪口などの精神的なものが多いようです。

イジメというものは当人同士の問題ですが、第3者が与える影響も大きいです。

「周りに影響されないような人が多ければ、イジメが起きたとしても解決は早まるのでは?」と個人的には思います。

ですから、1人でも多くの人がこの記事を読んで「イジメはしてはいけないもの」という認識になることの手助けができれば、と思っています。

ななちか
ななちか
イジメに加担しないだけでも、イジメ防止に繋がります。
くまくん
くまくん
いじめられてる人がいたら、勇気を出して助けてあげて!

さいごに

とはいうものの、いざ現場に介入しても、自分がいじめの対象になってしまうことは容易に想像できるので、

「見て見ぬふり」を責めることはできません。

いじめはどうしたらなくなるんでしょうね?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA